読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【再掲】種田梨沙トークショー ~東大でみんなに会えてうれシード♪~ 備忘録メモ

以前のブログで2015/5/17に書いたですが、別の記事の炎上で、びっくりしてブログ毎消してしまったのですが、個人的に保存する価値の記事だと思っているので、サルベージしてきました。

※なお、内容の推敲や修正等は行っておりませんが一部リンクや属性(フォントやサイズ等)は当時のままである自信がありません 

====================================

 

 

 

 

2015年5月16日に東大で行われた種田梨沙さんのトークショーの備忘録メモです。

 

animetas.jp

 

〇イベント冒頭

 ・入場

   大教室の後ろから登場、一番左側を通ってステージへ

   白を基調として(花?)が模様のワンピース

   赤い厚底靴(席が右側だったので確認できず)

 ・冒頭挨拶

   大沢事務所所属の種田梨沙です

     ☆メモ:事務所名を言うのは新人には多いことだが、種田さんでは珍しいかも?

 ・本郷(東大の本郷キャンパス)に来たのは初めて

 ・学園祭の思い出について?

   やる気がない生徒だった、係をいかに受け持たないするか逃げていた

   作品の展示に関しては頑張った

 ・本イベントのタイトルの由来について

  イベントタイトル案は4つ、うち2つに嬉シードが入っていた

  イベントタイトルには嬉シードが入ってるものを選ぶべきと友達の助言で決定

  

 その後全員で、東大でみんなに会えて嬉シードとコール

 

コーナー1:種田梨沙さんってどんな人?

年表が登場

 1988 3人兄妹の末っ子として生まれる

 小学校時代

   ・将来の夢は絵描きか漫画家

   ・男の子のようであった

   ・この時期が人生の最盛期で一番ポジティブで自信に満ちあふれていた。

   ・中学に入って自分が普通だと言うことに気づいた

 中高時代

   ・マンガの音読などをしていて、親に心配されて部屋に乱入されたこともある

 大学時代

  ・オーディションの公募などを受けていた

  ・学生時代の作品をいくつかスライドで公開

    ・(架空の個展を想定した)ポスターやパッケージデザイン的なものを公開

    ・卒業制作では3mぐらいのアクリル作品を制作

     ・青色を基調としてシンメトリーな結晶のような幾何学模様の絵

     ・幾何学模様にはどくろを模した部分が有り、先生に病んでいるの?と言われて結果違う形に

 

2011年 卒業

 デビュー作は桜の温度について

  自分の関わった作品が流れたことに最初嬉しかった

 

 

コーナー2:作品振り返りトーク

 1.新世界より

   ・ずっと好きな作品

   ・オーデションでは全く手応えがなかった

   ・世代事の演じ分けもキャラ作りは難しくなかった

   ・自然に早季ちゃんを演じられた。

   ・シリアスな演技には苦労した

   ・花沢香菜さんが優しくしてくれた

   ・12話では榊原さんとの掛け合いが続き、テスト時にはたくさん噛んだ

     ・榊原さんに多くのフォローをもらった

     ・今でも12話は身が引き締まる

   ・最終回はリアルタイムでみんなと見ていた

     ・泣いてしまい、藤堂真衣さんと抱き合っていた

 

  ・監督からのメッセージビデオが流れる

 作品振り返りトーク2「ゆゆ式

   ・縁に関しては声を作ってる印象はない

   ・司会の人に対して実況してるんですか?(実況の存在を知っている)

   ・縁はとにかく可愛い

   ・リテイクが多く、とてもこだわって作られた作品

   ・お気に入りのセリフ(シーン)は真剣白刃取りのシーンと他の二人に「あいしてるよ〜」というシーン

    ・愛してるよ〜の実演

    ・咳払いをして、のどを調節してから実演

 作品振り返りトーク3「ストライク・ザ・ブラッド

    ・嫁のつもりで演じた

    ・セクシーなシーン(吸血シーンなど)は初めての経験で最初は動揺していた

      ・吸血シーンでは細谷さんがものすごい吸血音を出していてリテイクとなったが笑わしてもらった

     ・細谷さんの誕生日に飲み屋で誕生会をしていたが、大雪で交通機関が止まってしまい、飲み屋でオールすることになった

     ・花江君はすぐ寝てしまった

     ・細谷さんと瀬戸さんが演技や将来について口論していた

     ・ここで日高里菜さんのビデオメッセージが流れる

       (種田は)プライベートではほわ〜んとしている

       焼き肉が好き

 

 作品振り返りトーク4「四月は君の嘘

  ・役に感情移入しやすかった(元々感情移入しやすい方)ので苦労はなかった

  ・宮園かをりのもろさは意識していた

  ・3話の屋上でのシーンはオーディションでも使われた

    ・もうこれが最後の演奏という覚悟が伝わるように演じた

  ・16話の心中発言のシーンでは淡々とやってくださいとディレクションに従った

  ・最終話の手紙の朗読ではテスト時に泣いてしまった

  ・本番でも声が震えてるシーンがあるかも?

コーナー3

  ある日のスケジュール(仕事の時)

  7:00  起床

  10:00〜15:00 アフレコ

  16:00〜20:00 アフレコ

  20:00〜23:00 ラジオ収録、雑誌取材等

         ※君嘘はアフレコ後収録だったのでおかしなテンションだった

  24:00〜26:00 お風呂、ゲーム、アニメ視聴をして寝る

         台本読みは基本前日、種田は早いほうでだいたい1時間

          人によっては4時間かかる人もいる

 

  ある日のスケジュール(イベントの時)※君嘘のファイナルイベント時

  7:00  起床

  9:30 会場入り

  10:00〜11:30 打ち合わせ

  12:00 歌リハーサル

  12:10 メイク

  13:30〜 全体リハーサル

  17:30 開演

  20:30 終演

  21:00 簡易打ち上げ

  22:00 会場出る

  23:30 帰宅

楽屋風景の写真がいくつか紹介される

 

  ある日のスケジュール(オフの時)

  10:00  起床

  13:00 元町中華街

  13:30 食べ放題の店へ

 

 

  15:00 みなとみらいへ

  15:30 赤レンガ倉庫へ

  16:00 みなとみらい駅のショッピングモールへ行きゲームセンターで遊ぶ

  17:30 カフェで夜ご飯

 

 

  19:00 事務所に行き台本を受け取る

 

横浜で遊んだ写真がいくつか紹介される

 

移動イメージマップ

www.google.com

 

・プライベートで仲が良い人

  山岡ゆり

  三上枝織

  Rhodanthe*メンバー

 

ここで山岡ゆりからのビデオメッセージが流れる

 ・山岡さんが困ったときに手を引いて一緒に逃げてくれた(詳細は不明)

 ・種田さんは山岡ゆりにとってヒロインであり、ヒーロー

 ・一緒に遊びに行くと手持ちのお金がなくお金を下ろしに行くことが多い

・ディズニーのナイトメアー・ビフォア・クリスマスが好き

 

・ビデオメッセージのあまりのインパクトに種田さんはむせたり、汗を掻いてしまった

・2分のメッセージを頼んだはずだが山岡は6分半のメッセージビデオを作ってきた

 

コーナー3:大学生の種田梨沙

 応募されたものをランダム抽選でセリフを読み上げる

 ・セリフはダメな男に尽くす後輩キャラが多い

 ・種田さんが言われたいセリフは「君の学食四年分全部おごってあげるよ」

 ・赤点は多かった

 ・学生中はバイトをしていなくて月3万円で過ごさなければならず、カップ麺ばかり食べていた

 

コーナー4:プレゼントコーナー

 色紙や東大グッズを座席抽選でプレゼント

 

 

コーナー5:最後

 ・一人で受ける「ええええええーー」の歓声が快感

 ・今後の抱負は役者・声優・ナレーターとして精進して10年後も続けていきたい

 ・ダイエットをしたい

 ・食べ過ぎないこと(※ただし肉は許して欲しい)

 ・来たときのように左側を通って退場しイベント終了